チャットレディの始め方

チャットレディの登録から実際に稼働するまでを解説!

チャットレディは稼げるって言うけど、具体的にどうやってお金になるのかわからない…、チャットレディの登録から働くまでがどうやってやったらいいのかわからない…。

チャットレディの仕事はあまり人前でいいにくい職業ですし、どうやったら登録から仕事を始めるまでをこなしていったらいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。

以上のような初めてチャットレディに興味を持った女性のために、当サイトではチャットレディの超優良サイトから、登録から、仕事始めまでの一連の流れをわかりやすく解説していきたいと思います♪

めちゃくちゃ稼いでいるチャットレディは、稼げていないチャットレディと何が違うのか、初月から5万10万と稼いでしまうチャットレディは何が違うのかについてもノウハウを掲載しているのでぜひお読みください。

チャットレディとして稼働するときに必要な道具

チャットレディとして稼働するために必要なものをご紹介!

チャットレディに必ず必要な機器は、スマホチャットレディしかやらないのであればスマホ一台のみ、パソコンもやるのであればウェブカメラやヘッドセットが必要です。

チャットルームに通勤する働き方の場合は、チャットルームにチャットレディとして働くために必要な用品はすべて用意されていますが、自分一人で家でやる在宅チャットレディの場合は、自分で用意しなければならないというデメリットがあります。

パソコンでチャットレディをするときにはウェブカメラが絶対に必要ですが、そのウェブカメラはチャットサイトによっては無料で貸し出しをしているところもあるので、一度調べてみましょう!慣れてきてから自前のものを購入してみてもいいかもしれませんね♪

チャットルームに通う通勤チャットレディとして働く場合は、チャットに必要な電子機器以外にも、キャラクター作りのためのウィッグやコスプレ用の衣装などもすべてそろっているので、手ぶらで働きに行くことができます♪

チャットレディを始めるに当たって必要な知識

チャットレディの仕事は、スマホやパソコンを使って、自分の姿を配信しながら、ライブチャットに登録している男性ユーザーと会話するお仕事です。

チャットレディは男性会員とチャットすることによって得られたポイントの何割かを現金に換金して、それがお給料となります。

数年前のまだスマホが普及していない頃は、女性がヘッドセットをつけて、ウェブカメラに向かって会話をしたりアダルトパフォーマンスをしたりすることが当たり前でした。

ここ最近になってスマホの普及率と性能が向上したので、パソコンを使わないチャットレディが増えました。スマホ一台でいつでもどこでも好きなときに稼げるようになりました♪

チャットレディとして働き始めるためには、二つのパターンが存在します。一つ目がライブチャットサイトと直接契約して、稼働する方法です。二つ目が、仲介業者である代理店を経由して働く方法です。

直接契約と仲介業者契約には、どちらにもメリットがありますし、デメリットもあります。

直接契約では募集していないサイトでも、代理店契約の場合は契約出来たりするので、そういったメリットもあります。

また、代理店契約をするとチャットルームには常にスタッフがいるので、わからないことや疑問点はその場ですぐに聞いて解決することができますし、収益につながりやすいテクニックなども教えてもらえます。

フルコミッション制の給料体系

チャットレディの仕事の報酬体系はコミッションとなっているので、男性ユーザーが会話してくれた分が報酬になります。

チャットレディはこういった報酬体系のため、上限なしで無限に稼ぐことができる計算ですが、逆に全く稼げないということもあります。

男性ユーザーとテレビ電話なり音声通話なりが成立したときの消費ポイントのチャットレディ側の比率というのは、チャットサイトによって違いがあります。何十%もあるところもありますし、少ないところもあります。

チャットサイトの中には、日払い対応しているところもあるので、日払いがいい、その日に報酬をもらいたいという人は、そういうサイトで稼働しましょう!

ちなみに、報酬割合もアダルトカテゴリーが一番高くて、ノンアダルトカテゴリーが低くなっているので、とにかく稼ぎたい人はなんといってもアダルトがおすすめです。

アダルトジャンルというのは、男性がライブチャットの女性に求めているニーズが完全に一致しているので、長時間チャットしてくれやすい傾向にあるので、とにかく稼ぎやすいアダルトがおすすめです!

収入面だけを考慮するなら、アダルトチャットレディが群を抜いて稼ぎやすいです。

また、勤務体系のパターンで報酬率が高いのは在宅チャットレディとなっています。

在宅チャットレディの方が報酬率が高い理由は、チャット事務所に使っている建物の賃貸料や、常駐スタッフの人件費が差し引かれていないからです。通勤チャットレディはこれらの費用がかかるので、報酬率から差し引かれるという形でチャットルームの費用がまかなわれています。

また、報酬比率によって優良な代理店かどうかを見極めるラインというものがありますが、それは、在宅チャットレディの取り分が40パーセント以上あるかどうかです。40パーセントを下回っているところはおすすめできません。

チャットレディの働き方とは

チャットレディは自宅でもチャット専用事務所への通勤でもどちらでも働くことができます。

在宅チャットレディというのは、基本的に代理店でも直接でもどちらの契約方式でも稼働することができますが、通勤というのは代理店が運営しているチャットルームに通勤するという形なので、通勤で働きたいという人は、どこかのチャットレディ代理店サイトに登録しましょう。

このページの上部で紹介したように、在宅チャットレディは賃貸料や光熱費がかからない分報酬率に上乗せされています。

自宅でチャットレディとして稼働出来ない人や、仕事帰りにふらっと寄って気軽に稼ぎたい人は、無料で使えるチャットルームというのは大変便利です。

チャットサイトのパターンは大きく分けて二つあります。一つ目はパーティーチャットというもので、男性が複数人と女性一人でチャットを行うものです。もう一つが2ショットチャットです。2ショットチャットは男性と女性が一対一で行うチャット形式となっています。

ツーショットチャットの中で男性客も自分の姿を配信することを双方向チャットといいます。

双方向チャットというのは、男性の料金が高くなってしまうので、あまり使う人はいないですし、使ったとしても短時間で終わらせる人が多いようです。

パーティーチャットの雑談ですが、男性側は誰でも参加可能なので、誰かがしゃべっているのを無言でのぞいているだけという男性ユーザーもいます。

確定申告は必要?不要?

チャットレディをやっている人すべてに当てはまるわけではありませんが、ある程度の収入がある場合は確定申告が必要になってくることもあります。

確定申告というのは、毎年2月から始まる、所得税がいくら払えばいいのかを計算する手続きのことです。

会社勤めだと、年末調整という形で会社側で自動的に計算してくれますが、チャットレディなどの自営業者の場合は、自分で確定申告をする必要があります。

本業でチャットレディ一本で働いている女性の場合は年間の収入が38万円以上となっています。副業でチャットレディとは別に何かの仕事をしている人は20万円以上となっています。

チャットレディ一本で本業でやっている人は、基礎控除38万円をすべて使えるので、年間の報酬額が38万円以内であれば非課税になります。

サラリーマンやパートやアルバイトなどをしている場合は、給与所得控除などがあるので、20万円までとなっています。

基礎控除額からさらに税金を安くしようと思ったら、経費をなるべく計上することですね。ヘッドセットやウィッグや衣装などもチャットレディの費用として計上してもOKです。

チャトレをやる上でかかった衣装代やウィッグ代などは事細かに記録しておいて、すべて経費として計上しましょう!

親の扶養などに入っているときは、扶養の範囲を超えないようにしましょう。少しでも扶養を超えてしまうと、受けられる控除などが受けられなくなるので、注意しましょう。

チャトレの働き方は雇用形式じゃない

チャットレディという仕事は、ライブチャット側にも、代理店側にもどこにも雇用関係にあるわけではありません。

ライブチャットなどのチャットサイトや、チャットレディ代理店で働く、チャットレディというのはライブチャット側から業務を委託されているという形なので、形的には自営業という形になります。

チャットレディ代理店やライブチャットの給料が報酬と呼ばれているのは、業務委託という形で個人事業主という形になっているからであって、源泉徴収がひかれていないのもこのためです。

上記のような業務委託という形になっているので、源泉徴収はありませんが、たまにチャットサイトのレビューなどを見ていると、このサイトからは源泉が引かれていたというようなことを聞きます。

チャットレディの契約書類の中にそういった記述があるのであればまだわかりますが、基本的に源泉が引かれているというのは業務形態という形からしておかしな話です。

上記のような理由から、報酬明細から源泉徴収とか書かれていて、ある一定の金額が引かれていたら、チャットサイトや代理店に確認した方がいいでしょう。

登録するときの疑問点

美醜は関係ない

チャットレディのメリットの一つに、容姿関係なく受かるということがあります。たとえば風俗やキャバクラなどは見た目を重視して面接に落ちてしまうという女性も多いのではないでしょうか。

未成年などの年齢制限などに引っかからなければ、どなたでも登録可能で、次の日からチャトレとして稼働できます。

高校生でもできる?

チャットレディというのは風営法にかかる商売なので、18歳未満の女性は登録して稼働することができないのです。

チャトレの仕事はれっきとしたビジネスなので、登録時には必ず年齢を確認出来る身分証明書が必要になってきます。

身分証明書をよくわからないサイトに見せるのがいやだという人もいますが、大手の何年も経営されている優良サイトなら安心していいと思います。

有名なライブチャットを運営しているサイトというのは、セキュリティを厳重にいているところが多くて、細心の注意を払って取り扱っている会社が多いです。

チャットサイトの運営会社からしても、個人情報がもしハッキングされてでもしたら、大変なことになって会社がつぶれかねないので厳重な管理を施している会社が多いのです。

チャットレディの登録方法と契約方法

登録完了までの流れ

1,ライブチャットサイトに問い合わせる

2,チャットサイトや代理店のスタッフと面接する

3,身分証を提示する

4,年齢確認が終わったら登録完了

5,プロフィールの細かい欄を入力する

家にいながらチャトレに登録するには

1,ライブチャットサイトに問い合わせる

2,身分証をアップロードかメール送信する

3,年齢確認ができたらチャットレディに登録

4,ライブチャットサイトによってはカメラテストあり

5,自己prなどを入力する

チャットレディ代理店に登録するには

通勤チャットレディとして働くときは、チャットルームが用意されている代理店経由で登録しなければ働くことができません。

通勤チャットレディは代理店経由になりますが、登録方法にとくに違いはありません。

1,プロフィールの身長体重特技趣味などを決める

2,細かい設定が終わったら登録完了

3,代理店からIDとパスワードが送られてくる

4,チャットサイトにログインする

5,細かいプロフィールを入力

6,トップ画像を決定する

在宅の場合はこれらの流れを自分で登録していかなければなりません。

通勤チャットレディの場合は、専属スタッフにチャットの稼ぎ方の効率的な方法などを伝授してもらえます。

通勤チャットレディのいいところは、自分のプロフィールの画像や入力欄などを自動的に魅力的に映るような書き方でやってくれるというものがあります。

チャットレディは実は簡単!

チャトレにこれから登録しようとしていて、まだ仕組みがわかっていない人のために、チャトレの登録方法からメリットから報酬について一通り解説してきました。

チャットレディというのは基本的には18歳以上の女性であれば、見た目やどこに住んでいようが誰でも働くことができます。

カテゴリはアダルトジャンルかノンアダルトジャンル、チャットサイト本体に登録するか代理店か、ツーショットチャットかパーティーチャットかなどいろいろな要素があります。

当サイトでは、他にもチャットレディに関するいろいろな記事を書いています。稼ぎ方のノウハウや、長く大きく稼ぎ続ける方法などについても解説しているので、是非参考に見ていってください。